HOME > PROJECT > hara-peko.jp 地球のハラペコを救え。

hara-peko.jp 地球のハラペコを救え。

2010年01月01日

hara-peko.jp は、国連世界食糧計画(WFP)による、世界の飢餓問題とその支援活動を伝えるためのWeb&ケータイサイトです。このサイトは、単に寄付を募るだけでなく、若いモバイルユーザーの皆さんへの飢餓問題の「自分事」化および話題喚起を目指して制作されました。

CHALLENGE
いま、6秒に一人の子どもが、飢餓により命を落としています。飢餓問題を解決するために国連WFPでは食糧支援を行っていますが、先進国の人々は、飢餓問題に対してまだ無関心です。飢餓についてもっと多くの人に知ってもらい、ひとりひとりのアクションにつなげていくことが重要となっています。

SOLUTION
飢餓問題を身近な問題に感じてもらうために、Webと携帯電話を連携させたサイトを制作・公開しました。このWebサイトでは、たくさんの子どもたちの写真が、大きな顔と2次元バーコードに次々と変化していきます。もし、2次元バーコードを6秒以内に読み取らなければ、バーコードは崩れて消えてしまいます。

hp004.png

hp005.png

hp007.png

6秒以内にバーコードをケータイで読み取ることができると、その子どもがあなたのケータイの画面に現れ、直接「おなかがすいた」というメッセージを伝えてきます。ふだん身近な人とのコミュニケーションに使う携帯電話にメッセージを載せることで、飢餓問題をニュースやWeb上で見るだけの遠い世界の出来事にするのではなく、自分事に変換して考えてもらいます。

mob1.jpg

ケータイの画面からワンクリック募金ページに遷移すると、ケータイの操作に連動して、さきほど見ていたWeb画面の大きな顔が笑顔に変わります。

hp011.png

RESULT
国連WFPと電通が共同してサイトについての発表会を行い、その後、若者を中心に多くの人々にこのキャンペーンが知れ渡っていきました。ここからダウンロードできるハラペコのシンボルマークは多くの人々のサイトに貼られ、募金活動促進・飢餓問題啓蒙に活かされています。

リンク先:
http://hara-peko.jp/

page top

© 2010 dentsu inc. All rights reserved