HOME > PROJECT > 日本ユニセフ協会「世界手洗いの日」プロジェクト

日本ユニセフ協会「世界手洗いの日」プロジェクト

2009年10月15日

10月15日、世界手洗いの日に合わせ、日本ユニセフ協会がプロジェクトを開始。電通ソーシャル・デザイン・エンジンは、そのクリエーティブを全面的にボランタリーサポート。正しい手洗いを楽しみながら踊れる「世界手洗いダンス」を開発し、日本国内の小学校、そして途上国各地のユニセフ事務所へと広めました。

CHALLENGE
途上国では、子どもたちの命を奪う大きな原因である下痢性疾患や肺炎などを予防するために、日本では、新型インフルエンザから子どもたちを守るために、石けんを使った正しい手洗いを、世界と日本の子どもたちへ広めること。

SOLUTION

tearai1.jpg

日本ではまだあまり知られていなかった10月15日「GLOBAL HANDWASHING DAY※」に合わせ、2009年、日本ユニセフ協会が「世界手洗いの日」プロジェクトを立ち上げ、電通ソーシャル・デザイン・エンジンは、そのクリエーティブを全面的にボランタリーサポート。世界的ダンサーである森山開次氏をはじめ、多くのクリエーターに呼びかけ、正しい手洗いを楽しみながら踊れる「世界手洗いダンス」を開発し、ムービーやポスターを制作、ユニセフのネットワークで、日本国内の小学校、そして途上国各地のユニセフ事務所へと広めた。2009年10月15日当日は、日本中の小学校や幼稚園でダンスイベントを実施した。※2008年にユニセフが中心となって定めた日

tearai2.jpg

tearai4.jpg
(c)日本ユニセフ協会

RESULT
「世界手洗いの日」のイベントの様子は、大きなニュースとなり、NHKや多くの新聞の一面で取り上げられた。世界手洗いダンスムービーは再生回数10万回を超えるなど、その人気は続いている。

リンク先:
http://handwashing.jp/

page top

© 2010 dentsu inc. All rights reserved